2017年11月14日火曜日

六郷小学校5年生総合学習「つながる小道をデザインしよう~グループで図面を描こう~」

20171024日(火)
 今回は12グループ(3グループ×4クラス)にわかれて、1グループでひとつの図を描いていく学習です。この図は、バブルダイアグラムをより具体的な形に進化させて配置図のように描いていくものですが、各グループ10人~11人と人数が多いため、1グループを2班に分け、畑スペースと小道スペースをそれぞれの班に分けて担当することになりました。まずは、お互いの意見を調整しながら進めていくためのリーダー役を班毎に選出。選ばれたリーダーの司会のもと、みんなでひとつの構想を創るための話し合いが行われました。子どもたちは前回の個人バブルダイアグラム活動を通して自分の考えを持っていることもあり、意見がぶつかりあってなかなか進まない場面も見られましたが、何とかまとまり図を描くまでにこぎつけました。図が進むにつれ、畑スペースと小道スペースが別々の班で描かれているため、つながりがなくなるのではないかと心配されましたが、「光あふれる豊かな小道」と題したグループでは、小道スペースと畑スペースを曲線状のレンガの遊歩道でつなぎ、その遊歩道の周りにソーラーの足元灯を配置するなど、どのグループもみんなが協力し合いながら両方の空間につながりを持たせる工夫をしていました。

あるグループの畑スペースに太陽と月の形をした畑があり、そのグループのタイトルが「夢と希望につながる小道」。どういう関係があるのかたずねると「夢と希望」→「宇宙」→「太陽と月」と連想していったのだそうです。子どものイメージの膨らみは大人たちの想像を超えていました。
次回31日は、今回出来上がった図面に基づいて模型製作に入ります。
みんなのアイデアを出し合って・・・

太陽と月の畑

「自然豊かな畑につながる小道」

2017年11月13日月曜日

六郷小学校5年生総合学習「つながる小道をデザインしよう~バブルダイアグラムを描こう~」

20171018日(水)
今日は、4クラス128名全員が3階の音楽室に集合。ひとり一人が約17m四方の畑のある広場に幅が6.3m、長さ約50mの小道がつながった空間をデザインする学習です。はじめに、この空間をどんなふうにしたいのか全体の構想を考えます。構想が固まったら、畑や木、小道や畑に入るゲート、ベンチや休むところなどを考えながら、それらを泡(バブル)の形で表していくバブルダイアグラムという方法を使って描いていくことになりました。それぞれのバブルは、大きい空間は大きなバブル、小さい空間は小さなバブルというように立体的にイメージすること、その形は丸いものや細長いものなどイメージに合わせて様々に表現できること、そして、バブルで表されたそれぞれの空間の間を人がどう動くのかを、つながりが強いと考えるときは太い矢印、つながりが弱いと考えるときには細い矢印で表していくことを学びました。
その後は4クラスに分かれて作業開始。
はじめに、どんなものをここに作りたいか、どんな場所にしたいか考えながら下書き用の紙にバブルで表していきます。あるクラスでは、バブルで表す前に「ほしいもの」をリストアップ。走り回って遊ぶ所がほしい、木と木の間にハンモックを吊ってみたい、花のツリータワーのような物を作りたいなど。考えがまとまったところでバブルダイアグラムの図を描いていきました。  

その後、実測図に重ねたトレーシングペーパーの上に、描いたバブルダイアグラムを清書。すると新しいアイデアも生まれてきてより良い図に変化していきました。最後に、「自然の恵みにつながる小道」「みんなの笑顔につながる小道」「自分につながる小道」など、思い思いのタイトルを付けて今日の学習を終えました。

「井戸を掘り、その水を使って小川を作りたい」

描くほどより良いアイデアが生まれます

2017年11月11日土曜日

六郷小学校5年生総合学習「つながる小道をデザインしよう〜スタディ模型をつくろう~」

2017926日(火)
六郷小学校5年生128名は、食や農の視点で地域の良さを見つけることをねらいとした総合学習の一環として、校庭の一角にある「六ちゃん散歩道」と名付けられた小道と、その先にある学校菜園を含めた空間全体をデザインする活動に取り組むことになり、5月から取り組んできました。
9月からは、いよいよ実際に図面を描いたり模型を作ったりしながらデザイン活動に入ります。今回は、空間デザインの練習として、畑や小道に設置する①ゲート ②ベンチ ③休むところの3つのテーマの中から1つのテーマを選ぶ、または複数のテーマを選んでスタディ模型を作ることになりました。
黒い台紙と白いケント紙を使用し、黒い台紙は地面の役割、白い紙は構造物をつくる役割として使います。白い紙を切りとったものを立体的に組み合わせ、黒い台紙に貼り付けます。黒い台紙については好きな形の穴をあけてもよい―下から光を照らしたときにその穴から光がもれるようにするためと説明しました。また、模型を作る際の注意点として、外から見た形、中の空間どちらも大切だということ、畑につながることを想像しながらオリジナルのものを考えることが大事という話をしました。
最初は白いケント紙をはさみで切り取る前に、紙に平面的な形を描いてしまう場面も多く見られました。立体的に考えるために実際に切り取ったもので形を作りながら考える方法をやってみようとアドバイス。慣れてくると立体的な形を組み合わせていくことができました。

作品ができると、廊下に用意した段ボールの中で懐中電灯を照らしながら見え方を確認しました。「ここの部分の影が見える!」「きれい」「すごいね」という声も聞こえてきました。光を上から照らしたり、下から照らしたりすると、子どもたちは光の照らし方によって模型の表情が変わる面白さを知り、再び模型の手直しを試みる姿も。時間を目いっぱい使ってそれぞれのオリジナルの模型ができあがりました
紙を切ったり曲げたりして組み合わせると素敵な形ができました

休むところを作りました

光の当て方で見え方も変わります

2017年7月16日日曜日

台原小学校土鈴づくり窯出しワークショップ

2017711日(火)
 今日は台原小学校3年生104名の土鈴づくりの2回目の活動(1回目は621日)、佐藤吉夫師匠に堤町まちかど博物館の体験窯で焼いてもらった土鈴を窯から出す日です。朝の9時半、もう29度を超える暑さの中、子どもたちが水筒と生活科バッグを持って博物館にやってきました。
 はじめに、博物館前の通りは奥州街道といって江戸日本橋から青森三厩まで続く大きな道だったこと、堤町では江戸の昔からここに住んでいた足軽たちが堤焼きという焼物を作っていたこと、2011年の大震災で登り窯の半分が壊れたけれど、子どもと大人が一緒に直したことなど、堤町と堤焼の歴史、そして震災後の復興活動について話しました。
吉夫師匠からは、登り窯や職人たちや焼いた土管が一緒に写っている写真を見せながら、活気あふれた焼物づくりのようすについて話しがありました。
 その後、3クラスに分かれ、登り窯、2階展示室、堤人形工房「つつみのおひなっこや」を順番にまわりました。
吉夫師匠の話を聞く
 登り窯では、ふたり一組になり、足で踏ん張り手で押し合ってアーチを作り、窯に働く力を自分の体で感じてもらいました。次に窯の中に入って、「①ピカピカしたレンガをさがそう」「②熱が通る四角い穴をさがそうという」というクイズに挑戦。①は、あちらこちらから「あった!」「いっぱいある!」との声があがり、焼かれてレンガが溶け、ガラスのようにツルツルになったレンガの表面の感触を確かめていました。②は、窯の一番下なので少し時間がかかったものの発見。下から上に火が登っていくために必要な穴であることを聞くと熱心にのぞき込んでいました。
窯に働く力を体で感じてみよう

ツルツルしてる!

 堤焼展示室では、大きなカメは何のために使われていたかを質問すると、「酒を入れる」「味噌を入れる」中には「お風呂」と言う子も。水道のないころ、井戸から水を汲んできてこのカメに溜めて台所で使っていたことを種明かし。隣の部屋では、底に小さい穴がいっぱいあるカメが何に使われたか聞くと、「植木鉢」「花びん」などの答えがあがりましたが、冷めたご飯を入れて上からお湯をかけて温めていた「湯通し」という道具であることを教えると驚いたようすでした。便利なものがない時代、昔の人はいろいろな工夫をして暮らしていたことをわかってもらえたでしょうか。

こんな大きなカメ、何に使ったんだろう
人形展示室では、この部屋で一番の宝物は何かをたずねたところ、すぐに棚に飾られた箱入りの堤人形「谷風」を指さしました。谷風は仙台出身の大横綱で、この人形は1879年に作られ、この博物館で一番古い人形であることを話しました。また、「谷風」の後ろの壁にある手形が気になったようで、「おばけの手」などと言っていましたが、昔ここで働いていた職人さんの手形であることを聞くと興味深げに見入っていました。
「谷風」と職人さんの手形に見入る
おひなっこやさんでは、店内に並べられた堤人形、松川ダルマに囲まれて、佐藤明彦師匠から、「このあたりではいい土が採れたので昔から堤焼や堤人形を作ってきた。堤人形は型と粘土を使って作り、乾いたら焼いて絵付けして完成するけれど、ダルマは型に紙を張って作り、紙なので焼くと燃えてしまうので、そのまま絵付けする」など、堤人形の歴史や堤人形とダルマの作り方について教えてもらいました。
堤人形やダルマの作り方について聞く

 最後は窯出しです。登り窯の前に並び、体験窯からひとり一つずつ焼きあがった土鈴を受け取りカゴへ。お友達の土鈴、割れたら大変とみんな鈴を鳴らしたいのもがまんして大事に運びました。例年数個は割れることもある窯出しですが、今年はひとつも割れず、笑顔で窯出しを終了。暑さにもめげず元気に学校に戻っていきました。
体験窯の蓋を開けたところ
窯から出した土鈴、ちょっとドキドキしながら受け取る
 できあがった土鈴は、後ほど学校で絵付けするそうです。どんな作品ができあがるのか楽しみです。